あらゆるシステムの帳票基盤ソリューション「SVF」

あらゆるシステムの帳票基盤ソリューション「SVF」
あらゆるシステムの帳票基盤ソリューション「SVF」

SVF(エスブイエフ)は、柔軟な帳票レイアウト設計と、各種プリンターに最適化した印刷処理、帳票電子化、および各種システムからのデータ連携が可能な「帳票基盤ソリューション」です。
様々な基幹業務システムの帳票設計・出力モジュールとして活用されています。
>>SVF導入・開発実績

 

帳票開発サービス

 

あらゆるシステムの帳票基盤を構築

SVFイメージ

SVFは、企業の中で個別に存在している様々なシステムの帳票機能を統合し、設計・ログ等を一元管理することができます。あらゆるシステムの帳票基盤としてSVFを導入することで、帳票に関わる運用メンテナンス性が大幅に向上します。

帳票設計モジュール「SVFX-Designer」

帳票設計・開発における圧倒的な生産性

SVFX-Desinger導入効果

SVFX-Designerは、プログラミングのみで帳票設計した場合と比べ、帳票デザインの作りこみの効率化をはじめ、改行・改ページ等の印刷制御の設定や、運用後の帳票デザインの変更や改良などの生産性を大幅にアップします。

帳票開発環境を標準化し、帳票開発のプロセスを最小化

SVFX-Desingerレイヤー

SVFX-Designerは、プログラミング開発を大幅に軽減することができます。たとえば、印字領域に計算式や関数を埋め込む機能があるほか、改ページ、合計行などの挿入、明細に同じ値の出力が続いたときの罫線のサプレス、多段階集計、バーコードや画像の出力などを簡単に設定することができます。
さらに、プリンターのトレイ選択や、パンチ・ステープルなどの処理、PDFの暗号化等の機能を、SVFから制御することが可能です。

多言語に対応している他、GS1 DataBar等の最新規格のバーコード出力にも対応しています。

帳票高速印刷モジュール「SVF for JavaPrint」

SVF for JavaPrintイメージ

SVF for JavaPrintは、Windows、UNIXやLinuxを帳票サーバーする帳票出力エンジンです。
SVF独自のプリンタードライバーにより、様々なプリンターから大量・高速印刷が可能です。また、プリンターごとに用紙や余白などの設定を細やかに行うことができます。

ハイパフォーマンスなPDF出力モジュール「SVF for PDF」

SVF for PDFイメージ

SVF for PDFは、軽量・ハイパフォーマンス・マルチスレッド処理対応のPDF出力モジュールです。すかし文字の印字やファイルの分割・マージ等、様々な電子帳票運用を想定した機能を搭載しています。また、メールやFAX、電子帳票システムとの連携も容易に実現できます。

クラウド版サービス「SVF Cloud」のご提案も可能です。

帳票開発サービスはこちら

お問い合わせ・お見積り依頼はこちら

詳しい説明やご相談、資料請求は、お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にご依頼ください。

・東京:03-6863-4180
・大阪:06-6343-1227
(受付時間:平日 9:30~17:30 )

お問い合わせフォーム