国産 完全Web-ERP「GRANDIT」

国産 完全Web-ERP 「GRANDIT」

14社コンソーシアム形式で開発。国産 完全Web-ERP

国産 完全Web-ERP「GRANDIT」

GRANDIT(グランディット)は、端末へのインストール作業が不要、完全Web型の統合基幹業務(ERP)パッケージです。

画面構成や色合いにこだわっており、使いやすさが高評価を得ています。ブラウザで利用するシステムにありがちな使いにくさはまったくありません。ファンクションキーによる検索・登録操作や、エンターキーによるカーソル遷移が可能で、マウスなしでも操作することができます。

様々な業種を代表する企業の情報システム子会社、およびシナプスイノベーションをはじめとする独立系IT企業、あわせて14社によるコンソーシアム方式で、製品の開発・拡張対応が行われています。幅広い業務を効率化するベストプラクティスが結集されています。

さらに、多言語・多通貨対応、そしてワークフロー、EDI、EC、BIなどを標準搭載しており、海外グループ企業や取引先までを含めた業務データの統合管理を実現します。

 

シナプスイノベーションは、GRANDITのプライムパートナーです

プライムパートナーは、GRANDIT事業のコンソーシアム参加企業として、お客様に対し、ビジネス・ソリューションのコンサルティング、BPR(ビジネス・プロセス・リエンジニアリング)の提案から、パラメータ設定、カスタマイズ、既存システムとの連携など具体的なシステム構築、そしてシステム運用までをトータルで提供いたします。
>>GRANDITプライムパートナー一覧はこちら

シナプスイノベーション独自の連携ソリューション、アドオン・カスタマイズ手法により、短納期で長期間活用できる統合基幹業務(ERP)システムの導入を目指します。

 

シナプスイノベーション独自の連携ソリューション

 

シナプスイノベーション独自のアドオン・カスタマイズ手法

 

GRANDITの特徴

完全Web対応基幹業務の枠を超えた統合型グローバル対応優れた操作性メニュー構成権限設定自動通知設定内部統制対応一気通貫なデータ管理組織変更システム連携マルチカンパニー対応BI機能/汎用データ出力機能

完全Web対応

GRANDIT1ログイン画面

GRANDITは、ブラウザを利用した完全Web型の基幹業務システムです。
同一のログイン画面から各グループ会社のシステムを起動させます。またWeb環境で利用することにより、メンテナンス負荷が軽減されます。
色合いやレイアウトも利用しやすく、視認性・識別性が極めて高い画面構成となっていますので、直感的にわかりやすいユーザビリティをご提供します。

基幹業務の枠を超えた統合型

部門をまたがる業務プロセスの統合化・標準化・自動化

基幹業務を網羅した10モジュールで構成。モジュール間の完全連携を実現

「経理」「債権」「債務」「経費」「資産」「販売」「製造」「調達在庫」「人事」「給与」の10モジュールで、基幹業務をカバーしています。
さらに、従来は外付け機能であったワークフロー等を、内部連携機能として用意し、業務モジュールに同一設計思想の統合ワークフロー、ビジネスインテリジェンス、自動通知、EC機能などを統合することができます。

企業のグローバル展開を視野に入れた幅広い業務モデルに対応

グローバル対応

変化し続けるニーズ(業務モデル)に柔軟に対応

多言語対応、多通貨対応による海外グループ拠点を含めたリアルタイム連携を実現しました。

  1. 国内向け業務モデルに加え、海外展開を前提にした業務モデル(現地生産、現地販売)に対応。
  2. 多言語、多通貨対応により海外拠点での利用が可能。
  3. 完全Web-ERPのメリットを活かして海外拠点(工場・倉庫・営業所)への展開も容易。
  4. 各拠点からの全データが一元的に把握できるグローバルシステムを構築可能。

優れた操作性

優れた操作性

GRANDITには、ブラウザで利用するシステムにありがちな使いにくさはまったくありません。ファンクションキーやエンターキーの利用も可能で、マウスを使用せずとも、C/S型システムと同等あるいはそれ以上の高い入力操作性を実現しています。
必須項目の入力チェックも、入力更新時に都度実施します。

メニュー構成

メニュー構成
Web通知機能 業務連絡や社内通知などの掲示板機能です。
ワークフロー機能 各種伝票を承認経路に乗せて、金額基準による電子承認が可能です。
承認ステータスを確認することが可能です。
Web・メール通知機能 メールや掲示板のテンプレートや送信先を登録しておき、送信・掲載します。
メール送信先は、得意先を指定することも可能です。
マイメニュー機能 ユーザー個人の業務や使用頻度に合わせてメニューのカスタマイズが可能です。
EDI連携機能 EDI用のCSVデータを出力し、連携することも可能です。

 権限設定

権限設定

GRANDITでは、グループや個人、役割ベースのセキュリティ・プロファイルを用意し、各役割のアクセス権限を設定することが可能です。

自動通知設定

自動通知設定

GRANDITでは、任意の通知項目を設定し、利用者への一括通知が可能です。通知方法としては、GRANDIT画面に表示する『Web通知』と、ユーザにメールで送信する『メール通知』を装備しています。

ワークフロー機能

ワークフロー

GRANDITでは全てのモジュールにあらかじめワークフロー機能が内容されています。
申請、承認、否認・差戻のほか、代理認証機能も完備し、業務処理の効率化、意思決定のスピードアップに貢献します。
製品開発時より、ワークフローを想定したデータベース設計をおこなっているため、後付の機能追加に比べ親和性が高い仕様となっています。

ワークフローの対象となる伝票、利用する部門は、ご利用形態に合せて設定できます。
認証経路も15階層まで指定でき、業務形態にあわせた認証経路を自由に設定できます。

 

操作ログ管理

操作ログ管理

GRANDITでは利用者の操作ログを取得することで業務レベルでのトレーサビリティを実現します。

項目 セット内容
ログイン/ログアウト日時 GRANDIT関数により操作日時をセット
利用者 画面を開いたユーザ名をセット
ログイン/ログアウト端末(IPアドレス) 開いたクライアントのIPアドレスをセット
ログイン/ログアウト端末(PC名) 開いたクライアントのPC名をセット
操作の種類 ログイン/ログアウトをセット
操作の内容(コメント) ログインの成功/失敗

 

マスタ一元化、取引データの整合性確保

マスタ一元化、取引データの整合性

GRANDITでは、マスタ一元化・整合性ある取引データの連携を徹底しています。

  1. マスタの一元管理
    勘定科目マスタ、取引先マスタ等、マスタの一元化を徹底しておりますので、多重入力を行なう必要がありません。
  2. 整合性ある取引データの連携(二重入力防止)
    水平方向と垂直方向でデータの整合性を確保する構造となっています。
    また、プロセス間にはGRANDITに統合されたワークフロー(WF)を経由することで、職務分掌を徹底します。

一気通貫なデータ管理

回収消込画面 試算表照会画面

リアルタイムに原始伝票への照会・確認が可能です。

  1. データはGRANDIT内部で整合性を保ちながら連動します。
  2. 二重入力することなく、処理は完結され、いつでも照会・確認が可能になります。
  3. 販売、調達在庫などで入力された伝票は、全て会計側への自動仕訳として連携されます。
  4. 自動仕訳データは、会計帳簿から発生元伝票へのドリルスルーが可能です。

組織変更

GRANDITでは、事業変化に適応するための組織変更対応機能が標準実装されています。
また、組織変更に必要な以下の機能を標準サポートしています。

  1. 組織図を履歴形式で管理し、過去データは過去組織情報を参照して表示します。
  2. 組織変更により、残高のある伝票の旧組織から新組織へ移管します。

 

1.組織図の履歴管理

組織図の履歴管理

2.組織変更時の残高移管

組織変更で自部門がなくなるような場合、残のある伝票を他の部門に移管する必要が生じます。
この際、伝票を1つずつ修正するのは大変な作業となる為、GRANDITではシステムで一括処理できる機能を用意しています。

  1. 名称変更or統合:変更先の部署だけを登録しておけば、システムで一括自動移管
  2. 分割 :条件を指定して一括移管(複雑な場合は伝票単位での移管も可能)
組織変更の5パターン

EDI連携

EDI連携

周辺システムで作成されたデータをCSV経由でGRANDIT側に取込むことが可能となり、GRANDIT側で作成されたデータを周辺システムに転送することもできます。
またSQLServerのスケジュール機能を利用することで、当該システム間連携を自動化することも可能です。

 

EC機能

EC

GRANDITのECモジュールを利用することで、得意先からの注文をWebで受付けることが可能です。
Web受注画面では、見積依頼入力、発注入力、発注の状況照会、在庫照会が可能です。

マルチカンパニー対応

マルチカンパニー

GRANDITのマルチカンパニー機能を利用することで、複数会社のセキュリティを維持したシステム構築が可能です。サーバー1台で複数社の管理を行い、各社データの独立性は保ち続けられます。
マルチカンパニーでの運用を実施することで、グループ各社のマネジメントレベルは統一され、連結決算の早期化が図られます。

  1. 各社毎にマスタ、データ、プログラムを個別に管理しており、処理の実行も個別に行います。
  2. データベースの領域を「インスタンス」と呼ばれる区画で区切るため、障害発生時のメンテナンスも当該障害発生会社以外には影響せずに作業が行えます。

BI機能/汎用データ出力機能

GRANDITで蓄積されたデータは、データ抽出ツールを利用して各種分析資料の作成が可能です。
データ抽出ツールとしては、BI機能及び汎用データ出力機能を標準機能として実装しております。

  BI機能 汎用データ出力機能
使用目的 集計データ抽出 履歴明細データ抽出
出力単位 分析セグメント、主要マスタ
(得意先、仕入先、プロジェクト、組織など)
単位での実績集計
取引明細
対象業務 販売・購買・経理 販売・購買・在庫・製造・債権
債務・経理・経費・人事・給与
出力形式 Excel CSV
出力例 プロジェクト別損益計算書
仕入先別仕入実績推移表
得意先別売上実績推移表 etc
得意先別売上明細
仕入先別仕入明細
得意先別商品別単価履歴 etc

 

BI使用例

部門・社員別販売予算実績対比

部門・社員別販売予算実績対比

商品セグメント別販売予算実績対比

商品セグメント別販売予算実績対比

取引先セグメント別販売予算実績対比

取引先セグメント別販売予算実績対比

お問い合わせ・お見積り依頼はこちら

詳しい説明やご相談、資料請求は、お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にご依頼ください。

・東京:03-6863-4180
・大阪:06-6343-1227
(受付時間:平日 9:30~17:30 )

お問い合わせフォーム