まふゆさんと「他部署のしごと」

・まふゆさんと「他部署のしごと」

【まふゆのシナプス観察日記】~シナプス社員ブログ~
文系OL“まふゆさん”が、シナプスの取り組みや日常の1コマを題材にしたお話をお送りします。

 

きょうは、いつもの席のある管理系部署の部屋をはなれて、開発本部の区画のすみで仕事をしている。

大きな窓のまんまえで、まっさおな空と、通り過ぎていく飛行機がまぶしい。

 

なぜこの席に座っているかというと、わたしのかかわっている仕事のひとつ、ワークサポーターチームが、最近ここに引っ越したから。

 

ワークサポーターは、掃除から資料づくり、プログラムのテストまで、シナプスではたらくすべての人のお困りごとに対応する、縁の下の力もちチームだ。

 

そんなワークサポーターチームのスケジュールやタスク管理もわたしの仕事。

管理用のExcelファイルをぽちぽちやっていると、となりの席にいたワークサポーターチームメンバー・宇都宮さんが、遠慮がちに声をかけてきた。

 

 

「まふゆさんすみません。月次レポートのことで相談があるんですけど」

「あっ、そうか。きのう発行されましたもんね」

 

月次レポートというのはその名のとおり、月にいちど全社に向けて発信されるレポートのこと。

各部署の1ヶ月の活動報告と、全社に必要な情報の連携、そして社長である藤本さんからのメッセージがのっている。

 

「相談っていうと、わからないところがあるとかですか」

「そうですね、むずかしいところがいくつか」

 

宇都宮さんがパソコンの画面を指さしてくれるので、横からのぞく。

開かれているのは、藤本さんからのメッセージ記事だ。

 

「この『影響の輪』って……何回か聞いたことはあるとおもうんですけど、ぴんと来なくて」

「ああ、これだったら、経営計画書に説明がありますよ。えーっと、索引は、と」

 

経営計画書は、シナプスの大切にしている考え方や仕事のやり方、社内でよく使われる言葉などをまとめた、社員必携のハンドブックだ。

ちゃんと手元にあるので、ぺらぺらっとめくって宇都宮さんに見せる。

 

「あったあった、『影響の輪』。

コヴィーっていう人の書いた『7つの習慣』っていう本に出てくる言葉ですね。

シナプスは『7つの習慣』の考え方をいろんなところでつかっているので、聞いたことがあるんだとおもいます」

 

宇都宮さんがふんふんとうなずく。

月次レポートのなかには、シナプスの文化、方針、特別な用語まで、たっぷりとけこんでいる。

だからきちっと理解しようとおもうと、こういうふうに復習しながら読むことになる。

 

「ありがとうございます、まふゆさん。

それと、各部署のレポートなんですけど。

4月に組織の大きい変更があったじゃないですか。

それで、どこの部署がどんな仕事をしてるのか、よくわからなくなってしまって」

 

今期のはじめの組織変更は、部署ごとの役割が見直されたり、組織じたいの体系がかわったり、ちょっと複雑だった。

 

チームのホワイトボードに貼ってある最新の組織図をとって、宇都宮さんに見せる。

 

「とりあえずざっくり見てみましょうか……」

 

組織図を指でなぞりながらひとつずつ説明すると、宇都宮さんはメモを取りながら聞いてくれた。

 

「……なるほど。ちょっとわかるようになりました。

他の部署ってなにをしてるのか、混乱することがあるんです」

 

「そこを補足してくれるのも、月次レポートの役割ですからね」

 

まいにち自分の仕事をいっしょうけんめいこなしていると、他の人のようすが見えなくなりがちだ。

それを補ってくれるのが、毎月1度のレポートなんだけど……。

 

「いっぺんに読むのがたいへんなのは、宇都宮さんだけじゃないですよ」

 

いちどのレポートに、いろんな情報がつまっている。

いっきに理解しようとするとたいへんなのは、わたしだってわかる。

 

だからそれぞれの部署で、レポートをつくるとき、もっとかんたんに大切なことを伝えられないか? みんなにいちばん知ってほしいことはなにか? と試行錯誤をする。

 

どう読むかもどう書くかも、いつでもいくらでも工夫できるし、しないといけないんだろう。

 

宇都宮さんが、わたしにむかってぺこんと頭を下げる。

「とりあえず読めてきたので、すごいと思ったことと、まだよくわからないことと、感想文に書いてみます」

 

月次レポートを読んだら、感想を提出することになっている。

意見、質問、相談、報告。内容はいろいろだ。

 

「それはよかったです。

わたしも自分なりに書いてみます」

 

そう返事をして、ぐぃーっとひとつ伸びをする。

 

 

(じっさい、他の人の仕事って、レポートくらいでしかなかなか見えないもんな……)

 

いつもの席から離れて開発の区画ではたらくだけでも、1日見えるものが全然ちがう。

 

(同じ会社ではたらく人の仕事、ちゃんと見ておかないと)

 

まわりをぐるりと見わたして、ちょっとだけ考える。

 

・・・

 

今年度のブログの野望は、いろんな人の仕事をテーマにする、です。

 

(この記事は、シナプスの取り組みを元にしたフィクションです。
登場人物・エピソードはすべて、“まふゆさんの中の人”の創作です)

 

“ワークサポーター”が支える毎日

2016.06.27
■この記事をぜひシェアしてください
「いいね!」していただくと、広報ブログの更新を見逃しません