大洋製器工業様

大洋製器工業ロゴ

~管理会計の改善、およびユーザビリティの大幅向上~

大洋製器様 吊り天秤
大洋製器様キャラクター シャックル犬
吊り金具

大洋製器工業様は、昭和13年に設立された、吊り金具や固縛金物の総合メーカーです。製品は直接人命や輸送の安全、工事の進行計画にかかわるため、常に細心の注意を払い、「製品を納入してから本当の営業が始まる」の思いを胸にアフターサポートにも力を入れ、お客様の厚い信頼を得られています。

2012年、基幹業務システム刷新のためのRFP(提案依頼書)に基づいてベンダー選定を実施されました。
その結果、既存システムのERPパッケージ「GRANDIT」のバージョンアップ、およびパッケージベンダーと密な関係を持つFCSならではの強力なサポート体制を提案した弊社をご採用いただきました。

導入前の課題
● 現行システムは稼動後5年が経過したが、エンドユーザーの使い勝手の点で改善すべき点がある
●基幹業務システムのデータをより効果的に経営に反映できる管理会計の強化が必要
●業務効率の悪さによる機会損失とコスト増加の改善
課題解決
●管理会計により事業部別、商品別、担当者別の切り口で収支を把握
●見やすくかつ利便性の高い画面デザインを実現し、ニーズにあった帳票を実現
●システム内部に蓄積されているデータを業務担当者が容易に取り出し・加工可能
●パッケージを利用することでシステム導入の負担を軽減
●適切な維持管理体制の構築
●初期投資額とランニングコストを含めて、投資対効果の高いシステムの構築

 

「株式会社FCS」は、シナプスイノベーションの旧社名(インタビュー当時)です。 

インタビュー

導入効果

管理会計の再構築によるキャッシュフロー経営の実現

新たな視点の管理会計導入で事業部別、商品別、担当者別で売上・粗利益、回収支払、在庫等の情報より『適正利益を生み出す』・『運転資本を増加させない営業』・『営業キャッシュフローの範囲内での設備投資』を実現し、キャッシュフロー経営を確立しました。

 

ERPパッケージに合わせた業務標準化による業務効率アップ

新システムではERPパッケージに業務を極力合わせることで業務の標準化を図り、業務効率のアップによる収益アップを図りました。また、蓄積されたデータを担当者が有効活用することで生産性・作業性を向上させました。
さらに、パッケージベンダーとの密な関係を持つFCSならではの、手厚い保守管理体制を構築しました。

 

GRANDITからの自動FAX連携を実現

EcoFAX(インターネットファックスインターフェース)を用いた自動FAX連携をシステムに組み込みました。
帳票の出力とFAX送信がシームレスに繋がり、業務の大幅な効率化を実現しました。

 

システム全体概要

taiyou-system

 

ユーザビリティを高めるための取り組み

必要な画面・帳票に絞り、最小限のカスタマイズで対応

カスタマイズの費用の削減と、設計開発の時間の短縮を実現。

運用面の改善

システムの変更だけでなく、運用面での改善にも参画。
GRANDITの利用・活用方法を、経験豊富なSEがアドバイス。

安心の保守対応

パッケージベンダーとの密な関係を持つFCSならではの、強力なサポートチームの支援。

 

プロジェクト管理と開発に対する取り組み(基幹業務システム導入のアプローチ)

販売、会計などの一般的な業務要件については、GRANDITベースでシステムを構築し、会社特有の業務要件については、カスタマイズにて対応しました。新システムの開発から導入までを、FCSが蓄積してきたノウハウ、人材を活用していくことで、導入効果の最大化を図りました。

大洋製器様導入アプローチ

 

会社概要

大洋製器工業ロゴ
■名称:大洋製器工業株式会社
■設立:1938年1月23日
■所在地:大阪府大阪市西区千代崎1-10-2
■事業内容:土木建設用・荷役用金物の設計・製造・販売
■従業員数:193名
■URL:http://www.taiyoseiki.co.jp/

 

導入ソリューション